赤穂の家 of GIMMICK

常にイメージしていたのは パブリックゾーンとプライベートゾーンを明確に分離しながらも 「どこにいても家族の気配を感じられる家」でした。
全体的には、出来るだけ固定的な間仕切壁を減らすことと必要に応じて建具で緩やかに空間を仕切ることで 家族の成長や変化に対応できる家のあり方をめざしました。
また、中間ゾーンとして取り入れたセンターコートは 四季おりおりの季節の変化を楽しむと共に、 それぞれの空間をやさしくつなぐ役目を果たしてくれています。

DATA
兵庫県赤穂市寿町

敷地面積      287.32
建築面積      132.34㎡
延床面積      129.76㎡
構   造      木造軸組